おすすめボイスレコーダー/ICレコーダー

ご依頼の前にお読みください! おすすめボイスレコーダー/ICレコーダー 文字起こし、テープ起こしの料金を抑える方法

ご依頼の前にお読みください! おすすめボイスレコーダー/ICレコーダー 文字起こし、テープ起こしの料金を抑える方法

レコーダーの歴史

会議や面談、電話など、音声の録音にとても便利なボイスレコーダーですが、本来は航空機の操縦席(コックピット)に搭載されたものを指す場合が多く、コックピットボイスレコーダー (CVR)ともよばれていました。
かつては、始点と終点の境目がない輪状になった磁気テープを密閉容器に格納したエンドレス・テープレコーダーでしたが、磁気テープは熱に弱く長期間使用していると劣化しやすいため、近年ではフラッシュメモリを搭載したものが主流となっています。

ノートの上に転がるペンとボイスレコーダーの写真

また記者が取材の際に使用するものも同様にボイスレコーダーとよばれます。こちらも以前はカセットテープを使用したものでしたが、フラッシュメモリを搭載した小型で携帯性の高いICレコーダーが一般的になっています。
ICレコーダーもボイスレコーダーも実は同じものになります。ICレコーダーのICは集積回路(integrated circuit chip)のことなので記録するメディアのことを示し、ボイスレコーダーのボイスは声(Voice)のことなので、記録対象のことを示しているというだけの違いです。ボイスレコーダーの方が対象としては広いので、ICレコーダーはボイスレコーダーの一種といえます。
ちなみにボイスレコーダーもICレコーダーも和製英語になり、英語ではdictaphone(ディクタフォン)となります。ただし最近では英語圏でもVoice Recorder(ボイスレコーダー)で通じるようになっているそうです。

音声録音機として近年主流となったICレコーダーは、音声を電子信号に変換して、半導体メモリに保存する機器です。1990年代ごろから復旧しはじめたといわれており、数千円程度の手ごろな価格のものから非常に高価な高機能モデルまで、様々な製品が発売されています。
過去のテープメディアと比べると、小型化・省電化が進み、またデジタルデータの特徴として、音声が劣化しない、頭出しなどが容易、データの削除や整理整頓も簡単に行えるなど、利便性も著しく高くなり広く普及するようになりました。


用途にあわせた機種選び

ボイスレコーダーの選び方のポイントをご紹介します。

文字起こしでの活用を前提とする場合の
「録音時の注意点」は下記ページをご参照ください。

ご依頼の前にお読みください! 音声データの品質と文字起こしの精度 文字起こし、テープ起こしの料金を抑える方法 ご依頼の前にお読みください! 音声データの品質と文字起こしの精度 文字起こし、テープ起こしの料金を抑える方法

会議や講義、インタビューなどに

複数人が参加する会議を想定した場合は、音の立体感も聞き分けやすくなる「ステレオ録音」に対応しているものがおすすめになります。音源の左右差まで録音できるので誰の発言かまで分かりやすくなります。
他に、レコーダーと発言者の間に距離がある場合ではマイクの指向性を調節するズーム・フォーカス機能が、特に講義やインタビューの際に効果を発揮します。

会議中の風景

また録音後に聞き取りをすると、空調音や紙の捲り音、プロジェクターの動作音などが耳につくことがあります。こういった環境音や周囲の雑音を自動で低減してクリアな音質になる「ノイズキャンセリング機能」や、人の声(ボイス)を強調する「ボイス機能」を備えたモデルは用途を問わずおすすめです。

Keyword

ステレオ/マイクの指向調整/ノイズキャンセリング

語学学習に使いたい

再生時の補助機能、例えば再生速度の調節や繰り返し、短時間の巻き戻しなどの聞き直すための機能をまず抑えておきましょう。
またシャドーイング(手本を聴きながら即座に発音するトレーニング)やリピーディング(文節単位で手本を聴いた後に発音するトレーニング)がしやすいように、リピートしながら、間に無音量の区間も自動で生成してくれる機能が追加されたモデルもあります。
他にはスピーカーの品質も聞き取りの負荷軽減に重要な要素になるので、スピーカーが高性能なモデルもおすすめになります。

英語を勉強している机の写真
Keyword

再生速度の調節/シャドーイング機能/スピーカー

ポケットに入れて録音

胸ポケットに収まりやすいスティック状のものや、ペンやネクタイピンなどの形状をしたものなどの小型タイプのボイスレコーダー/ICレコーダーは、設計上の限界により、録音可能時間や録音容量に制限があることも多いので注意が必要です。ただし省エネタイプで長時間録音に特化したものだと、200時間近く録音ができる機種もありますので、使用条件に応じて選択可能です。

ポケットに入れられたボイスレコーダーの写真

ポケットやカバンの中に入れて録音する場合、マイクを塞いでしまうことや、衣擦れ等によりノイズ音ばかりが大きく拾われることがよくあります。本番の録音の前に試し録音を繰り返して、例えばハンカチ等で動かないように固定するなどの工夫も必要です。その場で急に録音をすることもある場合は、録音と停止がワンボタンになっているなどワンタッチで簡単に操作可能なものもおすすめになります。

Keyword

録音可能時間/ノイズ対策/ワンタッチ

とにかく高音質にこだわる

音質にこだわりたい場合、一番のポイントはマイクの性能になります。複数のマイクが内蔵されており、原音に近い音がとらえられるタイプや、マイクを可動させることで左右の音ズレが少なくなるよう工夫しているタイプなど、ハイレゾ音源が堪能できることを銘打っているモデルを選びましょう。
また音声のファイル形式もmp3などの不可逆圧縮のものではなく、可逆圧縮なFLAC形式に対応しているものもおすすめです。

高機能なマイク、ヘッドフォン、パソコンが机の上に置かれている写真
Keyword

ハイレゾ/複数マイク/FLAC

録音さえできれば構わない

逆に音質にこだわりが全くない場合のおすすめとなると、最低限の機能のみのモデルとしては1000円以下の機種もありますが、もっと手軽に携帯電話(スマートフォン・アイフォン)の録音機能の活用もおすすめになります。殆どの機種で、音声メモ・伝言メモ・ボイスメモとして簡易録音機能が標準搭載されており、レコーダーとしての最低限の実用性は十分にあります。あるいはもう少し使い勝手が良いものが欲しい場合は、Google Playなどからアプリのダウンロードも可能です。

スマートフォンの録音機能で録音する男性の写真
Keyword

音声メモ/伝言メモ/アプリ


おすすめのボイスレコーダー

上記を前提として、いくつかお勧めのボイスレコーダーをご紹介します。

横にスクロールしてご確認ください

メーカー SONY OLYMPUS Panasonic
型番 ICD-PX470F DM-750 RR-XS470
録音形式 リニアPCM/MP3 リニアPCM/MP3 リニアPCM/MP3
対応音声形式 MP3、WMA、AAC WAV、MP3 WAV、MP3
内蔵メモリ 4GB 4GB 8GB
内蔵メモリ録音時間 5時間 5時間 12時間
外部メモリ対応 microSD/microSD HC
32GBまで
microSD/microSD HC
32GBまで
microSD/microSD HC
32GBまで
外部メモリ録音時間 44時間 44時間 48時間
周波数範囲 50Hz-20,000Hz 20Hz-20,000Hz 20Hz-21,000Hz
電池持続時間 40時間 26時間 11時間
PC接続 USB端子 USB端子 USB端子
特徴 充電式と電池式の両方に対応しています。声を狙って録音する「フォーカス録音」、位置ごとの声を録音する「ワイドステレオ録音」、ノイズ低減の「クリアボイス機能」などの便利機能があります。 3つのマイクで音を豊かにとらえるTRESMIC機能、環境ノイズを低減する「2マイクノイズキャンセル」機能、遠くの声もフォーカスする「ズームマイクモード」機能などが充実しています。 ノイズキャンセリング機能と声のズーム機能を併せ持つクリアズーム録音で、講義やインタビューなど特定方向の音声を聞き取りやすく保存できます。

文字起こしは音声データの品質によって作業難易度、費用が変動します。ご予算と用途にあわせてボイスレコーダー/ICレコーダーの機種を選定し、できるだけクリアな音質で録音されることをおすすめします。

お電話からお問い合わせ

0570-550-729

年中無休9〜夜18

(土日祝日も営業)※GW、年末年始は休業

Webからの
お問い合わせ・無料お見積り